*

【読み方実例#9】 Still dreaming of and end to household drudgery

8回目の記事は、家事についての話題。かなりハイレベルな英字記事ですよ〜。

Still dreaming of an end to household drudgery

未だに夢見る家事という骨の折れる仕事からの終わり

As amazing as technology’s ability to solve our problems is its inability to solve our problems. (Its tendency to create new problems is a subject best left for another day.)

同じぐらい驚いていることは/技術の能力と/我々の諸問題を解決する/問題を解決するための能力のなさである/この傾向は/新しい問題をつくるという/得意科目である/ほかの日に残すという

Last month the Asahi Shimbun Globe supplement heralded “the day housework is no more.” We’re almost there. One article among several is titled “My bulter is a robot.” Those few short words usher us simultaneously backward and forward in time- backward to an age when the poor served the rich, forward to a universal aristocracy, living like lords without exploiting or demeaning anyone.

先月/朝日新聞のグローブの付録でこんなのがあった/「家事をする日は終わりだ」/もう少しである/いくつかある記事の中にこんなのがある/「私の執事はロボットだ」この短い単語は我々を導いた/同時に時が行き来している/貧困層が富裕層に仕える時代に戻り/だれでも貴族になる時代に行く/王様のように生活する/誰にも邪魔をされずに馬鹿にされずに

“The technology is evolving rapidly.” the writer notes, stating the obvious, and it won’t be long, surely, before robots release us altogether from whatever drudgery remained to plague us after indoor plumbing, washing machines, vacuum cleaners, rice cookers and so on liberated us from the worst of it beginning a century or so ago.

技術の進化は急速に進んでいる/記者はそう記した/はっきり述べた/長くは続かないと/確かに/ロボットが我々の前に一斉に出始める前/どんなに骨が折れる仕事が残っていようが/我々を苦しめさせている/のあとに/トイレ、食器洗い機、掃除機、炊飯器、など/我々を自由にさせた/最悪の状態から/1世紀前の初頭かその前に

出典元:Sunday, January 3rd, Still dreaming of an end to household drudgery- The Japan Times

※もし、訳が間違いだったり、不適切な場合は遠慮無く指摘して下さい。

今回分からなかった単語は、supplement、heralded、We’re almost there、usher、aristocracy、exploit、 drugderyです。

supplementは「付録」「補足」という意味です。よくサプリメントという言葉を聞きますが、栄養を補足するという意味でしょうね。

heraldedは「〜の先触れをする」「歓迎する」という意味です。英字新聞のヘラルド・トリビューンのあのヘラルドです。「報道」という意味もあります。

We’re almost thereで「もうそこまで来てますよ」「もうすぐ到着」という意味です。

usherは「導く」という意味です。usher a guest inで、客を招き入れるという意味もあります。

aristocracyは「貴族」という意味です。high aristocracyで上流貴族という意味になります。

exploitは「搾取する」という意味です。他にも「利用する」という意味もあります。

drugderyは、「骨の折れる仕事」「単調でつまらない仕事」という意味です。

如何でしたか?今日は難しい単語がいっぱいあって訳すのが大変でした。

次回もお楽しみに!

Pocket
LINEで送る

関連記事

20151128_161501

【読み方実例#6】 Mie city set to issue same-sex certificates

2016年になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 6回目の記事は、同性婚につい

記事を読む

20151128_161501

【読み方実例#4】 Hanyu takes lead at nationals; Uno 2nd

4回目の記事は全日本フィギュアスケート選手権での羽生結弦選手の話です。 フィギュアスケート、男

記事を読む

20151128_161501

【読み方実例#10】 Drop in female royals sparks concern

9回目の記事は、皇室に関する話題。国内外では佳子さまが人気ですね。 Drop in female

記事を読む

20151128_161501

【読み方実例#5】Airports jammed as New Year’s travel peaks

5回目の記事は、年末年始の帰省ラッシュを取り上げてみたいと思います。 気がつけば2015年も残

記事を読む

20151128_161501

【読み方実例#7】 Toyo Tire knew of fraud in 2014

7回目の記事は、東洋タイヤについての話題。こういったビジネス系の記事に慣れておくと、TOEICにおい

記事を読む

20151128_161501

【読み方実例#2】Toy makers enlist smartphones

Toy makers enlist smartphones! トイメーカー各社、スマートフォンに協

記事を読む

20151128_161501

【読み方実例#1】Raising a glass to cheap wine

この読み方実例では実際に読んだ英字新聞の一部を抜粋して 私が実際にやっている直読直解の訳し方での読

記事を読む

20151128_161501

【読み方実例#8】 “Writing a New Year’s card is the perfect way to convey a heartfelt message. This tradition will never disappear.”

8回目の記事は、年賀状についての英字記事を取り上げます。皆さんは年賀状、書きましたか?  "Wri

記事を読む

20151128_161501

【読み方実例#3】Rugby fans rush to see Buddha statue in Goromaru pose

3回目の記事はラグビーで話題になった五郎丸歩選手と彼に関するお寺の話です こういった記事は必ず

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

英字新聞の読み方2
英字新聞の記事の構成と特徴(ジャンル、見出し、副題)

ここでは英字新聞の記事の構成と特徴を2回に分けて 見ていきたいと思い

souzou
挫折しそうになったら英字新聞を読めている自分を想像する

今日は英字新聞を読みながら勉強している時のメンタルについてちょっとお話

nagaitango
英字新聞で出てくる長くて難しい単語は実は難しくない!

こんにちは。 英字新聞を読むとなって一番最初に感じるハードルは当

mail
英字新聞が読めるとビジネスメールも恐くない!

最近あった出来事なのですが、いつも通っているスポーツクラブでのことです

sigoto
英語を話せるより英語が読める方が実務向き??

このサイトをみて下さっている方には英会話はもう普通に出来る、という方も

PAGE TOP ↑