*

見出し(タイトル)に使われる略語を極めよう!

今回は英字新聞のタイトルによく使われる略語について説明していきたいと思います。

タイトルの読み方などについては英字新聞の記事の構成と特徴(ジャンル、見出し)

で説明していますので、先にこちらを読んでもらえると良いかなと思います。

 

英字新聞のタイトルではやはり長々と書くわけにはいかないので
例えばisだったりtheが省略されるというのを以前説明しました。

タイトルを短くするのによく使われるものに略語があります。

略語は正直、英字新聞でしかお目に掛からないかも知れませんが
これを覚えてしまえば、英字新聞が読みやすくなることは間違いありません。
是非頑張って覚えてみて下さい☆

 

それでは最近の英字新聞をざっと見た時に出てていた略語です。

  1. BOJ:Bank of Japan→日本銀行
  2. TSE:Tokyo Stock Exchange→東京証券取引所
  3. DPJ:Democratic Party of Japan→民主党(Partyは政党という意味)
  4. LDP:Liberal Democratic Party→自民主党(自由民主党)
  5. PM:Prime Minister→首相
  6. Gov:Governor→知事
  7. Govt:Government→政府
  8. TEPCO:Tokyo Electric Power Company→東京電力
  9. NRA:Nuclear Regulation Authorit→原子力規制委員会
  10. INTL:International→国際的な
  11. Corp:Corporation:会社
  12. SDF:Self-Defence Force→自衛隊
  13. GSDF:Ground Self-Defence Force→陸上自衛隊
  14. MSDF:Maritime Self-Defence Force→海上自衛隊
  15. ASDF:Air Self-Defence Force→航空自衛隊
  16. Nuke:Nuclear→核兵器
  17. IOC:International Olympic Committee→国際オリンピック委員会
  18. NPANational Police Agency→警察庁
  19. MPD:Metropolitan Police Department→警視庁

 

この一覧だけ見ても正直分かりづらいとは思うのですが
タイトルには当然関連するワードが入っているはずなので
慣れれば見た瞬間にピンと来るようになります。

特にLDPやDPJなんてのは、政治の記事ではかなりの確率で出るのですが

Lって見た瞬間に自民党!とかDPって見た瞬間に民主!って感じになります。

またSDFもその類いで、SDFって見た瞬間に自衛隊っていずれはなります。

英字新聞はゆっくり丁寧にというよりは、パッパッと読み進められるのが理想です。
だから、この略語もそうですが、単語も全部綺麗に読むと言うよりは
最初の3文字くらい見て、大体文脈が想像つくくらいになるのを目標にしたいですね!

それでは、また次の記事もお楽しみに☆

Pocket
LINEで送る

関連記事

英字新聞の読み方2

英字新聞の記事の構成と特徴(ジャンル、見出し、副題)

ここでは英字新聞の記事の構成と特徴を2回に分けて 見ていきたいと思います。 日本の新聞と構成

記事を読む

英字新聞の読み方2

英字新聞の記事の構成と特徴(ジャンル、見出し)

ここでは英字新聞の記事の構成と特徴を2回に渡って 見ていきたいと思います。 日本の新聞と構成

記事を読む

英字新聞の読み方2

英字新聞の記事の構成と特徴(サブタイトルと情報元と写真描写)

英字新聞の記事の構成と特徴を2回に渡って説明しています。 因みに前回の記事にはこちらから行けます。

記事を読む

英字新聞の読み方2
英字新聞の記事の構成と特徴(ジャンル、見出し、副題)

ここでは英字新聞の記事の構成と特徴を2回に分けて 見ていきたいと思い

souzou
挫折しそうになったら英字新聞を読めている自分を想像する

今日は英字新聞を読みながら勉強している時のメンタルについてちょっとお話

nagaitango
英字新聞で出てくる長くて難しい単語は実は難しくない!

こんにちは。 英字新聞を読むとなって一番最初に感じるハードルは当

mail
英字新聞が読めるとビジネスメールも恐くない!

最近あった出来事なのですが、いつも通っているスポーツクラブでのことです

sigoto
英語を話せるより英語が読める方が実務向き??

このサイトをみて下さっている方には英会話はもう普通に出来る、という方も

PAGE TOP ↑